記事の詳細

生命保険はみなし財産となるので、相続税を計算する上で生命保険金も考える必要があります。
しかし保険料を払っている人、かけている人、受け取る人、それぞれの関係によって相続税になるのか贈与税になるのかが変わります。

例を挙げると被保険者が夫、受取人が妻の場合、保険料を誰が支払っていたかがポイントとなります。
この例で考えると被保険者である夫が保険料を支払っていたら相続税の対象となり、被保険者と受取人の子供が保険料を負担していたのならこれは贈与税という扱いになるので注意が必要です。

これらの関係性は生命保険の証書を確認して頂くと記載されていますので、いざという時の為によく確認してみるといいでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る