記事の詳細

副業したいけど会社にバレたくないと考えている方にオススメの確定申告のポイントについてご紹介いたします。

勤めている会社の就業規定に副業禁止の項目がなければ副業は問題ありませんが、バレたくないのであれば2つの方法があると言われていますよ。

副業は基本的に雑所得という分類になりますが、事業所得や不動産所得に該当する場合もあり、事業所得の場合には決算書を作成する必要があったりするのです。

確定申告で普通徴収を選択する方法で、自ら住民税を納付するという事ですが、バレてしまう可能性もありますので注意しましょう。

会社を新たに作って給与を取らないという選択肢では、法人を設立して役員報酬を取らない事が大切ですが、節税対策ができると言われていますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る