記事の詳細

税務調査に狙われやすい申告書や決算書には特徴があると言われていますので、ぜひ知っておきましょう。

所得が多くて過去に不正行為が行っている会社や、売上が多くて重加算税が賦課された事がある会社は気をつけましょう。

近年ではスマホやパソコンの普及により誰でも簡単にタレコミ情報を伝えられるようになったため、信憑性が高い情報から低い情報まで様々ですが、タレコミ情報を元に調査が行われる場合もあるのだそうです。

申告書に変動が大きい科目があったり、会社の社長が高級な車や自宅を購入していたり、怪しいと思われると税務調査に狙われる事が考えられますよ。

過去の経歴や不正の有無は、その後の税務調査にも関係してきますので、きちんと確定申告を行って税金を支払っておきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る