記事の詳細

経費で落とすために、領収書やレシートを貰うかもしれませんが、実際にはどちらを貰った方が良いのでしょうか?

経費として認められるためには、日付と金額と支払先と何のために使ったのかという情報が書いてある必要があるため、領収書やレシートだけでなくクレジットカードの明細書でも良いと言われていますよ。

書かれている内容だけでなく、自分自身が説明できれば良いので、忘れないようにメモを残しておくと良いでしょう。

税務調査では、経費として落とせるかどうかは書かれている内容の信憑性が関係しているため、内容が信用できれば良いのです。

レシートの方が情報は多いですが、情報が少なくても大丈夫だと言われているため、領収書を提示するのがオススメですよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る