記事の詳細

法人とフリーランスなら、節税はどちらがオススメなのでしょうか?

どちらが有利かは人によってケースバイケースだと言われていますが、基本的には法人の方が節税は有利になるのだそうです。

個人事業主の場合は節税がしづらく、法人の方が節税がしやすいと言われていて、事業主の給与は個人事業主は経費として給与を計上できませんが、法人は金額は頻繁に変更できませんが役員報酬として計上する事ができるのです。

事業主の賞与は法人の場合に経費で落とせませんが、事前確定という届け出を出して賞与を取るなら経費で落とせますし、事業主の退職金も法人なら賞与と同じく経費で落とせるそうです。

家族従業員への給与は個人事業主は専従者給与や別生計なら計上できますし、法人なら非常勤役員の役員登記で経費に落としやすいのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る