記事の詳細

近年ふるさと納税が流行していますが、一体どんな仕組みなのでしょうか?

ふるさと納税は、2千円の手数料を支払って特産品を手に入るという物ですが、2千円以上の価値がある特産品ならお得になるという事なのです。

地方自治体に3万円のふるさと納税を支払うと、特産品が送られてきますが、税務署にて証明書と一緒に確定申告する事になるのですが、税金が2万8千円ほど安くなると言われていますよ。

ふるさと納税には上限金額があり、収入金額が増えれば上限も増えるという事ですが、上限金額を超えてふるさと納税を利用したら、手数料の2千円を超えてしまうため損をするという事なのです。

確定申告以外にワンストップな特例もありますが、確定申告をするよりも損をしてしまう可能性もありますので注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る