記事の詳細

年金には211万円の壁と呼ばれるものがあり、この金額を超えてしまうと税金が増加したり、手取りの収入も減ってしまうのだそうです。

手取り収入が少なくなるという損をしたくないなら、この金額を超えないための対策を行っておく必要がありますから、211万円以下に押さえて住民税を非課税にしましょう。

住民税が非課税の方が受けられる恩恵として、医療費が半額になったり、住民税がゼロになったり、非課税世帯なら社会保険料の負担が減ったり、色々と特典があるのだそうです。

サラリーマンを退職した人のほとんどが211万円を超えてしまうと言われていますが、夫婦二人のケースでは211万円なのに対し、単身者なら155万円の壁と言われているそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る