記事の詳細

法人税を簡単に説明すると、会社の儲け(所得)に対してかかる税金となります。
法人とは法律上、人と同じように人格が定められている団体の事を指し、有限会社や株式会社等の普通法人等がこれに該当します。
これに対して個人にかかる税金の事を所得税としていることを覚えておきましょう。

そして会計上の「利益」と税法上の「所得」は似て非なるものであることも重要です。
利益は「収益−費用」によって導き出され、1年の営業成績を計算する事で、外部に対して配当が可能な部分を明確にする為に使われます。
一方で所得に関しては、「益金−損金」で計算し、公平な課税金額を計算する事で、会社の担税力を図ることが目的となっています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る