記事の詳細

税理士事務所が仕事の手を抜いているかどうかは、特に難しい知識が無くても、コツさえ分かれば簡単に見抜くことが出来ます。
方法はいくつかありますが、今回は「総勘定元帳」を見ることで分かる手抜きについてご紹介致します。

総勘定元帳といっても範囲が広いですが、その中でも特に、売上高・外注費・材料費・給与関係の主要勘定科目を見てみてください。
これらを見た時に発生主義になっていなければ、その税理士事務所はかなり手を抜いていることになるのです。

発生主義になるとまず、売掛金/売上という仕分けが出来て、料金が入金された時にF/売掛金というようになって売掛金が消えるのが普通です。
一方で現金主義ですと、F/売上という仕分けが入力されて、入力自体の手間は楽なのですが、主要勘定科目を発生主義にしないと入金までのフローを見ることが出来ないため、その手間を省いた税理士事務所に経営相談するのは少し怖いということになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る