記事の詳細

医療費が1年で10万円を超えて医療費控除に当てはまれば、確定申告をすれば所得控除が受けられる可能性があります。
自分自身の医療費だけでなく家族の分の医療費も含まれます。

医療費控除は最大200万円までで、医療費控除は(一年間に支払った医療費)-(各種保険金から補填される金額)-10万円で計算されますので、今年は病気や怪我でよく病院のお世話になったなんて方はぜひ計算してみてください。

しかし病院に支払った全ての治療費が対象になる訳ではありませんので、その点は注意する必要があります。
ただ一方で通院するのに要した交通費なども対象になる場合もあるため、一度税務署や税理士に医療費控除について質問してみても良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る