記事の詳細

自動車税はその名の通り、自動車を所有している方に課せられる税金です。
自動車税と軽自動車税が一般的に化せられていると思いますが、それぞれ課税先は違い、前者は都道府県税として、後者は市町村税として収めることになりますので、同じ自動車税でも自動車税と軽自動車税は税金の種類が異なります。

課税されるのは4月1日までにその車を所有していた人になりますので、4月1日以降に別の人に所有権が移った場合でも、4月1日に所有していた方に納税義務が発生します。
そのため自動車税の納付書は4月1日に所有していた方に対して行なわれ、大体5月末期限で収める必要があります。

自動車税を納付し忘れてしまうと延滞金としてペナルティが発生し、本来の金額よりも多く支払わなければならなくなるので、忘れっぽい人や忙しい人は納付を銀行引き落としに設定したりするのがおすすめです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る