記事の詳細

生命保険料は見なし財産として取扱われるので、相続税の計算ではこの分もプラスして考える必要があります。
しかしこれにはポイントがあり、それは被保険者、受取人、保険料を払っている人、それぞれの関係によって相続税なのか贈与税なのかが変わってきてしまうと言う点です。

例えば被保険者が旦那で受取人が妻の場合、被保険者自らが保険料も負担していたのなら、これは相続税の対象になります。
しかし保険料の負担が子供だった場合には少し話しが変わってきてしまい、相続税ではなく贈与税の話になってしまうのです。

税金の取扱いに関してはこのように、保険料を誰が負担しているのかが一番のポイントになりますので、現在加入している保険の状況をもう一度整理しておくと今後安心です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る